エアコン工事料金

良心的なエアコン取り付け工事料金で営業しています

富山エアコンサービスは確かなエアコン取り付け工事技術と工事料金で他の空調設備会社を圧倒いたします!富山市内でエアコンの取り付け・取り外しに困ったら是非当社にご依頼ください。

富山エアコンサービスの取り付け・取り外し工事料金

エアコンは一度取り付けると長年に渡り生活を共にする大事な家電製品です。また、特に最近の夏は猛烈な暑さが続き、暑いというよりもむしろ熱いといったほうが正しいかもしれません。これは富山市内も例外ではありません。そんな暑さの富山県ですが、エアコンの有無はそのまま命の危険に繋がるため、医師も熱中症対策の観点から正しいエアコンの使用を推奨しております。特に小さなお子様のいるご家庭、高齢の方が暮らすご家庭では切実です。エアコンを正しく使用して快適に夏冬を乗り切りましょう。富山エアコンサービスでは富山県の皆様のために安いだけではなく、どこよりも「丁寧な工事」「親切な対応」「安心安全なエアコン工事」を心がけます。

安心エアコン設置工事

富山エアコンサービスの自慢するところは「豊富な設置工事実績」と「確かな技術力」です。最近建てられた住宅では見た目を重視するあまり、エアコンの設置状況が複雑な場合が増えてきており、高度な技術力を必要とすることが増えてきております。 そしてその様な特殊設置工事を数多く経験してきた電気工事士だからこそ、大手家電販売店はもとより、今では有名通販会社、富山県内大手不動産チェーンやビル管理会社、有名ハウスメーカーから、エアコン工事、空調設備工事のご依頼を頂戴しております。この実績と経験を活かし、ご満足頂けるエアコン取り付け工事を提供することをお約束致します。

エアコン取り付け・取り外し工事料金案内

工事箇所を確認して最初に料金を提示いたします。そのあとの追加料金は一切ありません。特に問題のない、取り付け設置工事であれば標準工事費で収まります。

富山エアコンサービスのモットーは一期一会、ひとりひとりのお客さまに対して、わかりやすい言葉で懇切丁寧に、ご説明させていております。他の取付業者のように、安い値段で釣って、後から高額な料金を請求するようなことは一切ございませんのでご安心ください

基本的に戸建て住宅やアパート、マンションのエアコン設置は標準工事費で収まりますが、ベランダに室外機が置けない場合など、一部延長ホースの追加料金が必要な場合がございます。お客様のご希望で屋根上に室外機を設置する場合も別途お見積りになります。また、新規でエアコンを取り付ける場合、壁に穴を開ける必要がございます、その際も予めきちんとご説明してから取り付け工事に取り掛かりますので後から請求を見てびっくりということは絶対にありません。富山エアコンサービスではお客様が納得しない限り、勝手に工事をするということは一切ありません、また、後から当初の見積りと違う金額を請求するということもございませんのでご安心ください。

富山市内随一の格安エアコン工事料金設定

どこの電気工事会社・空調設備会社より良心的なエアコン工事料金です。安心して地元富山市の富山エアコンサービスに工事をご依頼ください。

エアコン取り付け(標準工事価格) 16,000円
エアコン取り外し 7,000円
配管1m 1,800円
化粧カバー 5,000円
化粧カバー追加1m 1,500円
換気ヘッド 1,000円
ALC穴あけ工事 5,000円~
タイル・レンガ穴あけ工事 11,000円~
コンクリート穴あけ工事 22,000円~

※以下の項目は、お問合せください。
・取り外し工事 ※再使用可能取り外し セパレート
・取り外し工事 ※再使用可能取り外し 窓用
・ガスチャージ 真空引き
※室外機設置は平置き料金で計算しております。天吊り・2段置き・壁掛け・屋根置き・ベランダ置きなどは別に料金が掛かる場合がございます。
工事費例:室外機ベランダ天吊り(吊りボルト既設の場合のみ 3.6kw迄、部材含む) 13500円
室外機壁付工事(地上高3m迄3.6kw迄、部材含む) 13500円
壁付け金属既設工事 6000円

室内配管化粧カバー取付

室内の見栄えも重視したいという方にお勧めです。手巻き仕上げより綺麗に仕上がります。また、配管カバーは冷媒配管の保温材が劣化を防ぐ効果があるため、日差しが良くあたる南向きや西側のお部屋に設置してあるエアコンにお薦めです。お気軽にご相談ください。

工事料金 室内配管カバー標準据付 8000円~

ダクト本体はストレートカバー1mまでとなります。(曲がり・出口カバー各1個を含みます)
※ 標準据付を越える場合は、現地でのお見積りとなります。

エアコン工事について

エアコン取付工事の基本的な流れをご説明いたします。

1.周囲の養生
床には傷がつかないようマットを敷き、家具などにはビニールシートで被いを掛けて粉じんなどがつかないようにします。集合住宅ではお隣さんに工事のご挨拶して迷惑を掛けないように配慮いたします。

2.本体据付版設置
きちんとスケールで測り、取り付け位置を決定します。取付位置がずれてしまうとエアコンが傾いたりしてしまうので、絶対に目分量では取り付けません。

3.穴開け工事
新しく設置する場所で、壁にまだエアコン用の穴がない場合は穴開け工事を行います。この際、ドリルの音が響くため、夜間・早朝の穴開け工事は行っておりません。遅くとも19時には片付けられるよう時間配分をして工事を行います。

4.壁内貫通スリーブ
壁材の金属と配線との接触による漏電を防ぎ、安全性を保ちます。配線・配管をネズミの食害や腐食から防ぎます。見えない部分ですがエアコンを大事に長く使うためには欠かせない大切な作業です。

5.隙間のパテ埋め
壁貫通部の隙間のパテ埋めをすることにより、雨水の侵入や、壁内(外壁と内壁の間の空間)や室外の空気が室内に入ってくることによる結露の発生、カビ、悪臭を防ぎます。外部配管カバー周りのコーキングシールを丁寧に巻きます。激安のエアコン取付工事を行う業者ですと、ここをおざなりにするところがあり、要注意です。はじめは問題なく使用できても悪臭の原因となり、エアコンをつけるたびにおいに悩まされます。この場合、殆どがパテ埋めをされておらず、カビだらけであったり、害虫・ネズミの侵入で腐敗臭がすることがあります。特に悪臭を放つカメムシが大量に侵入するとお部屋にいるのが困難なほどです。

6.室外配管化粧カバー
難燃性スリムダクトを使用して施工。エアコンの配管を紫外線や風雨等から保護します。テープ巻だけで仕上げてしまうと、経年劣化によりテープが劣化して美観を損なうだけでなく、配管の保護材まで劣化が進み、エアコン能力の出力低下を招き、電気代が高くなることもあります。当然そうのような状態で使用すると余計な負荷がかかり、エアコンの寿命も短くなり不経済です。長く使う大切な機械だからこそしっかり丁寧に作業することが求められます。

7.室内部分のドレンホース
断熱ドレンホースを使い、結露を防止します。

8.室外機設置
室外機はプラロック置台の上に固定して隙間はパテ埋めします。

9.真空引き
真空ポンプを適正に作動させた上で、連成計が-0.1MPaになっていることをしっかりと確認します。 冷媒配管内の空気や水分を乾燥除去するために必ず必要な工程です。空気や水分が残ってしまうと空調能力の不足や、エアコンの故障などにもつながります。

10.試運転
取付終了後は冷房・暖房、それぞれを確認します。当然、いくらクーラーの効きがよくても異音したり、振動が発生しているようでは困りますので、プロの目で正しくチェックします。微調整は欠かせません。

11.片付け・清掃
清掃・片付けをして作業終了です。

12.工事料金のお支払い
領収証と引き換えに工事料金を工事担当者に直接お支払いください。お支払いは現金でお願いいたします。

ページ上部へ戻る